外反母趾と靴選び

 靴は夕方買いなさい、という言葉があります。
夕方は一日の活動のあとで足がむくみやすいので、昼間靴を選ぶと窮屈になる、というのです。
窮屈、ということは、外反母趾になりやすいということでもありますね。
ではゆるゆるの靴がいいかといえば、そうでもないところが難しいところです。
ゆるい靴だと足が前に滑ってしまい、爪や指先に負担がかかってしまいます脱げないように余分の力がかかるので、疲れやすくもなりますね。
また、女性に多く見られるのですが、やわらかい素材の靴なら履いているうちに伸びてちょうどよくなるから、とピチピチのゆとりのない靴でも履く傾向があります。
これも意外と足に負担をかけていて、外反母趾になる危険があります。
血行不良で頭痛、肩こり、腰痛になりやすくなるので、安易な靴選びは避けましょう。