角度40度以上の外反母趾

外反母趾は足の親指が内側に反り返る病気なのですが、足の親指の付け根に痛みが起きると外反母趾の疑いがあるようです。
内側に反り返ってしまうようですとかなり進行は進んでおり、痛みもかなりあるようなのですが、付け根が少し痛みがある程度の場合は、外反母趾になりかけているといいます。
この時に治療を行えば、酷くならずに済みますし、もしかしたら外反母趾ではないかもしれませんので、痛みが起きたら早めに病院に行くべきだといいます。
外反母趾には親指の曲がりの角度により症状を分類しているようなのですが、軽症の場合は15度から20度程度で、重症ともなると40度以上といわれています。
ここまで曲がるとかなりの激痛となるので治療を早急にすべきだと思います。

足利市のもりさわ整骨院

名前を刺繍で入れられるハローバック

大阪で接待するなら、高級中華料理でおもてなし♪